ランプワーク バーナーワーク 用品・書籍・DVD 販売
一括発送・振込サービス!
KOBEとんぼ玉ミュージアムWEBSHOP、ジャパンランプワークソサエティWEBSHOP、BEAD ART KOBEの3ショップで同時にお買い上げの場合、一括で振込・発送を承ります。ご注文時、備考欄でその旨お知らせください。
twitter


とんぼ玉・ガラスアクセサリー販売


ビーズ工具・素材・キット・書籍販売


このサイトはリンクフリーです

ホームつぶし玉専用ペンチの使い方&8の字結び

 *つぶし玉専用ペンチの使い方*

このつぶし玉専用ペンチ(クリンピング プライヤー)を使えば、アクセサリーの要となる最後のつぶし玉の処理が、簡単・きれいにできます。「あとでつぶし玉が取れた!」といったこともなく、しっかりとデザインを守ります。


  つぶし玉専用ペンチには、2つのホールがあります。

  ・Crimper(クリンパー)・・・つぶし玉を、つぶすホール。 横からみると、人のくちびるの形をしています。
  ・Rouner(ラウンダー)・・・クリンパーでつぶされたつぶし玉を、なめらかな筒状にするホール。楕円形です。

  

  

★Step 1

つぶし玉にワイヤーを通します。
もう一度、つぶし玉にワイヤーを通して戻ります。
つぶし玉の中で、2本のワイヤーが平行に並ぶようにします。



  

★Step 2

ワイヤーが通ったつぶし玉を、ペンチのCrimper(クリンパー)の部分に乗せます。
この時にも、ワイヤーが交差していないか確認してください。



 

 

★Step 3

ゆっくりと丁寧にペンチを締めて、つぶし玉に力を加えながら、つぶし玉の中心に溝を作ります。
おばあちゃんの手と握手をするように、優しく、ソフトに!!
この時、ワイヤーが溝の両側に1本ずつに分かれた状態になっているのが理想的です。



  

 

★Step 4

次に、ペンチのRounder(ラウンダー)部分を使って、もう一度、つぶし玉に力を加えます。
ワイヤーを持つ手を45°回転させて、さらに、ゆっくりと力を加えます。
つぶし玉が、きれいな筒状になるまで、45°回転させて、力を加えることを繰り返します(3~4回まで)。

 

 完成!!

         

--------------------------------------------------------------------

8の字結び(8-KNOT)の結び方

Soft Flex社製のワイヤ-に最適な結び目は、8の字結びです。
8の字結びは、ロッククライミングに使用される結び方です。
非常に強く、かた結びなど他の結び方を作った時に、結び目の両端にできるような
“折れ”が全くできず、ワイヤーが真っすぐ、きれいな1本の状態を保つことができる結び方です。
従来のワイヤーでは結び目を作ると、その部分が硬くなり、ワイヤーが切れてしまっていましたが、
Soft Flex社製のワイヤーは、しなやかさはそのまま、結び目の強さを保ち、切れません。



 Step 1:ワイヤーの端をもって、少し曲げ、右側のワイヤーが上にくるように、交差させます。
 

 

 Step 2:交差部分を親指と人差し指で固定した状態で、上側のワイヤーを左の人差し指
      に巻きつけるように、手前に移動させます。

 

 Step 3:移動させたワイヤーを、初めに作った輪に手前から向こう側へ通します。
     *ここで結び目が8の字のような形になります。

 

 Step 4:両端をしっかりと引き締めて、8の字結びの出来上がりです。

 

上記つぶし玉専用ペンチ(クリンピング プライヤー)は、『BEAD ART KOBE』(ビーズ関連商品ショッピングサイト)にてご購入いただけます。下記のページをご覧下さい。

http://www.bead-art-kobe.com/product-group/10